ひらめき☆ときめきサイエンス

「原子力発電と福島第一原発事故 -何が起きた?みんなの将来は?-」(2019年8月7日)

昨年に続き、8月7日に中学生を対象とした体験プログラム「ひらめき☆ときめきサイエンス」(企画:日本学術振興会)の一環としてPOLARIS代表の勝田忠広(工学博士、明治大学教授)が講師を務める「原子力発電と福島第一原発事故 -何が起きた?みんなの将来は?-」が明治大学和泉キャンパスにて開催され、POLARISでは運営のサポート、参加者全員に配布した資料兼ノート「明治大学ポラリス学習帳」の制作を担当しました。​当日は多くの中学生が参加して、講義と実験を通して、原子力の基礎、発電の仕組み、福島第一原発事故について、終始真剣に学ぶ姿が印象的でした。

原子力発電についての解説
press to zoom
資料を手元に受講中
press to zoom
核分裂の模型を使った解説
press to zoom
ピンポン玉とネズミ捕りで核分裂連鎖反応の実験
press to zoom
擬似「核分裂連鎖反応」実験
press to zoom
クッキータイム
press to zoom
原子力についての講義
press to zoom
放射線の発光を観てみよう
press to zoom
放射線測定体験
press to zoom
ガイガーカウンターで放射線を出す物質を探す
press to zoom
未来博士号授与
press to zoom
資料兼ノートとして配布されたポラリス学習帳とポストカード
press to zoom
1/1