「明治大学アカデミックフェス2019」

     POLARIS参加プログラム–若者は先端科学を超えるか–開催報告(2019年11月23日)

明治大学アカデミックフェス2019でPOLARIS参加プログラム「若者は先端科学を超えられるか」を行いました。

限られた時間ではありましたが、現代の科学技術が社会に及ぼす課題について「見て、触れて、考える」を重視した実践的試みとして、ディープラーニングPCによるリアルタイム物体検出のデモンストレーション、研究中間報告、学生とのトークセッション、参加者との意見交換を実施しました。参加者の皆様にPOLARISが重視するコンセプトを少しでも感じていただけたのであれば幸いです。当日は雨にも関わらず多くの方にご参加いただきありがとうございました。

[配布資料]

・「機械・深層学習を用いた科学的根拠に基づくエネルギー・原子力政策の手法の確立」中間報告資料(PDF)

・「人工知能の軍事技術への導入に関する調査:市民社会と科学技術政策からの分析」中間報告資料(PDF)

© 2019 POLARIS   明治大学 市民社会と科学技術政策研究所

サイト内の文章・画像等の内容を無断転載及び複製等の行為は禁止させていただきます。